top of page
表紙-02.jpg

【牡蠣神社とは】

牡蠣神社と言ってもよいこちらの牡蠣島弁天神社は、北海道厚岸町にある湖の真ん中にある牡蠣島の上に浮かぶとても珍しい神社です。

船を使わないと渡島できないため、普段は一般公開はされておらず、現在は保存会が中心となり管理しています。

創建は不明で、神社の様子が書かれた一番古い文献として1791(寛政3)年の「東蝦夷(えぞ)道中記」に神社があることが記されいますが、誰がいつ創建したかロマン溢れる神社です。

DSC05941.JPG

【御神体】

祀られてるのは弁財天座像。長らく漁業と厚岸町を見守ってきました。

弁財天座像は嘉永5年(1852)に場所請負人の山田文右衛門が奉納したといわれ、木彫りに極彩色を施した高さ約24cmの座像です。

弁財天はインドの河川を神格化した女神で、除災・福智・延寿・弁舌・音楽を司り、日本では七福神の一人として広く信仰され、弁天神社の弁財天座像は手が4本あり、仏教のルーツを辿る神仏混淆がわかります。

thumb_2_23.jpg

【町の人々が大切に守ってきた】

社殿は1851(嘉永4)年に火災で消失してしまいますが、翌年に再建。
大正時代に入ると「弁天神社」の隣に保養所や料亭なども建てられ大変な賑わいをみせました。

しかし戦後に地盤沈下がどんどん進み、今ではほとんど水没してしまった牡蠣島。

その後度々建て替えられ、昭和39年に基礎の半永久的工事が行われ、同50年には現在の形となりました。

​今は寄付などで維持されており、パワースポットとしても町のシンボルになってます。

弁天神社.jpg

【厚岸夏祭りと

牡蠣島弁天神社祭典】

この神社を永く大切に祀ってきたお祭りが「牡蠣島弁天神社祭典」です。

祭典は「厚岸夏祭り」と同日開催になりますが、他にも町内7つの自治会がそれぞれの地区でお祭りを主宰し、それを夏祭り実行委員会が取りまとめているので、この日は町全体がお祭りムードに包まれる特別な日となります。

DSC_0814.JPG
山車.jpg
厚岸音頭.jpg
名称未設定 2_2x.jpg
DSC08092.JPG

それぞれの自治会には特徴の違う山車と獅子舞があり、獅子の頭を口で固定し、御幣と鈴を持つ前足役・胴と尻尾の後足役の二人獅子は、明治時代から伝わる歴史ある舞で、各地域独自の踊りや馬鹿ばやしは代々大切に受け継がれてきました。

 

笛と太鼓の馬鹿ばやしに合わせ、おかめとひょっとこに導かれて厚岸町内を練り歩き、土曜日の夜にはメイン通りに集結し、7つの「共演」が楽しめるのは、来町者のみならず、町の人たちの夏の楽しみとなっております。

natuma3.jpg
natuma2.jpg
natuma1.jpg

『厚岸夏まつり』は、創建200年を超える厚岸神社と、創建130年を超える真龍神社の例大祭が始まりといわれています。 町内にある国泰寺の日誌である日鑑記には、文化13年(1816年)の正月に獅子舞が行われたと記述されています。 獅子舞が現在のようになったのは明治時代です。

※厚岸町ホームページより

【厚岸夏祭り会場マップ】

会場マップ.jpg

【牡蠣島弁天神社祭典】

弁天神社を管理する奔渡(ぽんと)自治会では「牡蠣島弁天神社祭典」を開催します。

普段は上陸できない神社に船で渡り、笛と太鼓の祭ばやしに合わせた獅子舞を奉納。対岸では本宮祭(宵宮祭)で焼き牡蠣と奉納酒が振る舞われます。
これら全てはどなたでも参加できますので、熱い夏の思い出を作りにお祭りへ是非お越しください。

祈願プロジェクト概要-09.jpg
DSC07904.JPG
DSC07850.JPG
DSC08047.JPG
DSC08017.JPG
1142.JPG

【参拝できるのはこの日だけ】

普段は一般公開されていない神社へ船で渡り参拝できるのはこの日だけです!

参拝できるのは、獅子と一緒に船で神社へ渡り舞を捧げる「奉納式典」の参加と、上陸して神社へ参拝ができる「一般参拝」。

渡島すると感じるのは、神社の大きさや、渡島しなと見れない神社の表札「神額」にも感動します。

DSC08092.JPG

【文化に触れるお神輿】

牡蠣島弁天神社祭典では、どなたでもお神輿を担ぎ参加することができます。

山車は露払いや神様をおもてなしする場所として神輿を先導し、神輿は神様が乗る乗り物としてみんなで担ぎます。

メイン通りを歩きながら、町民と一緒に歴史と文化の1ページに参加してみませんか。

​【日本縦断全国合同祈願】

2020年から始めた奉納は、当時コロナ禍で日本中が元気をなくしている姿を見て、牡蠣生産者のみならず、牡蠣業界や牡蠣ファンの有志が集まり、牡蠣島弁天神社へ奉納して祈願した事に端を発し、現在も全国の皆さんと心を一つに「安全と繁栄」願い奉納を行い、特別奉納酒「牡蠣」は、参加した皆様へお神酒としてお届けしております。

※奉納酒は合同祈願へご参加の皆さまへお届けします。前夜祭や宵宮祭でも振る舞われます。

​【特別奉納酒】

地元の福司酒造による特別奉納酒に、書道家の内海秀翠が奉納揮毫した書「牡蠣」をラベルにした、牡蠣神社に奉納する特別奉納酒を用意しました。

53761156_1440807219383467_7793977221047123968_n.jpg
1.jpg

毎日賞書家(2011 ・2018)の内海秀翠先生による奉納揮毫。

2017年から毎年、牡蠣を書いて牡蠣を食べる「かきぞめ」という年始イベントの講師。

世界平和デー奉納揮毫で札幌護国神社をご担当されたり、数々のコンクールで賞を多数受賞されたりととにかくご活躍な先生に書いて戴いた書を、大正8年創業、地元酒蔵「福司」の日本酒ラベルにデザイン。札幌国税局の新酒鑑評会金賞常連酒蔵のお酒を全国へ「お神酒」としてお届けします。

DSC_0890.JPG
DSC07247_edited.jpg

2023年5月「厚岸さくら牡蠣まつり」にて、書家内海秀翠による書「牡蠣」の奉納揮毫が行われました。現在はその書をお酒のラベルにして奉納しております。

【唯一の北海道牡蠣も奉納】

​唯一の北海道生まれ北海道育ちのシングルシードは『カキえもん』のみ。その他は宮城生まれ北海道育ちのカルチです。このとても希少な牡蠣もお神酒と一緒に奉納して、縁起物として全国へお届けいたします!

会場では、前夜祭や宵宮祭でも奉納牡蠣と奉納酒を楽しむことができます。

※奉納牡蠣は会場販売の予定はありません。会場参加の場合も「参加申し込み」からお申込み下さい。

DSC07767.JPG

【御朱印】

お祭り期間中は仮祭壇で御朱印をお渡しいたします。弁天座像と牡蠣島の文字が入った煌びやかな御朱印をこの機会に!

場所:厚岸町コア ぽんときらく

20201012-101707_V7hmb8eZEH.jpg

北海道厚岸郡厚岸町奔渡2丁目1 ​

【奉納の様子】

ba41d5_5884b51c81ab40729ad707dac10d262f~mv2.png

毎年全国からたくさん
ご参加頂いてます

北海道から沖縄まで、毎年たくさんの牡蠣愛好家、厚岸ファンがお神輿を担いだり、合同祈願に参加しております。

​全国の牡蠣業界、牡蠣関係者の繁栄をご多幸を心よりお祈り致します。

収益金(売上から諸経費を除いた金額)を弁天神社保存会へ寄付しております。

bottom of page