ノロウイルス勉強会

ノロウイルスは一体どこからやってくるのでしょうか。食品衛生講習では牡蠣も直接的な原因と明言されがちですが、牡蠣を取り扱わなければリスクは回避できるのでしょうか。

 

ノロウイルス勉強会では感染リスクの大半がヒトヒト感染という実態や、牡蠣よりもノロウイルス含有量が多い食物などについて詳しく触れ、「牡蠣を扱わなければ大丈夫」という誤った認識から引き起こされる感染リスクについて警鐘を鳴らします。


データを基に感染ルートを知り、検査を含めた対応方法や施設管理方法を学びます。またノロウイルスは毎年変異するためその年の傾向を確認する事が重要で「ノロウイルスが見えるようになる」勉強会です。

是非年一回の情報更新や社内研修などにご活用頂けると幸いです。

ノロウイルス勉強会2020

専任講師に北海道結核予防会医師の奈良先生に詳しく解説していただき、かき女子でもある弁護士の古木さんを交え、牡蠣活動家が掘り下げていきます。

​新型コロナウイルスとノロウイルスの決定的な違いは何か。その対応策は!

今回はコロナ感染対策としてYouTube配信でお送り致します。ご視聴はFacebook「北海道食文化レベルアップ活動」グループの登録が必要です。

※本勉強会は有志からなる非営利目的活動です。正しい知識を通じ北海道の食文化レベルアップに貢献するものです。

​開催履歴

アセット 1-100.jpg
67742837_100830071273171_374798412401973